90%以上のトラブルが示談で解決する

いう民事上の問題が発生します。民事上の問題を解決する手段には、

①示談

②簡易裁判所での調停

③通常訴訟・少額訴訟

といった裁判手続きがありますが、交通事故による紛争は、示談によって処理されるヶ- スがほとんどです。示談とは、事故当事者双方の話し合いによって、紛争を処理する方法で、和解契約のことを意味します。

たとえば、事故を起こして相手方にケガを負わせてしまった場合、「一定額の損害賠償金を支払うことを約束します」といった内容を当事者双方で取り決めることが示談です。人身事故のうち約90% 以上のトラブルが示談によって解決しています。示談では、賠償額を当事者双方の過失の割合に応じて増減したり、賠償金を分割払いにするなど、話し合いで柔軟に解決することができます。費用・時間が節約できることも大きなメリットといえます。

ただ、話し合いの段階では、加害者の方が自分の非を認め、賠償に応じると言っていたにもかかわらず、実際には賠償してもらえないということもあります。加害者に再三賠償するように請求しても、何の反応もないようでは、話し合いで解決した意味がなくなります。

そこで、後日のトラブルを避ける意味でも、賠償の方法について示談書を取り交わしておくことが重要です。示談書への記載は、自筆で書いてもらうようにしておくべきです。示談の内容を書面化したものが示談書です。書面の形式には特に制約はありませんが、何か問題となっているかや、どんな内容の和解がなされたのかを、明確に記載することが大切です。

示談は、被害がそれほど大きくなく、賠償金が自賠責の範囲で収まる場合には、それほど問題になりません。しかし賠償金が自賠責だけではなく、任意保険からも支払われることになる場合、被害者には保険会社との交渉という問題が発生します。

本来示談は被害者と加害者との間で直接行われるべきなのですが、現在の任意保険はほとんど示談代行つきの契約になっているので、たいていの場合、事故の加害者は交渉の場に現れません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*