女性の保険選び

結婚を考えている女性には、ナショナル・ライフ生命の生存年金付定期保険の「ラ・せいぞん」(これは保険料払込みが終了後に五年間に渡り年金が受け取れるという保険です) と入院などをカバーしてくれる医療保険の「新・いりょう」に同時に加入するのがい年金というのは、生存給付金という意味に置きかえて考えてください。

つまり、この保険でいう年金とは、老後の生活資金ではなく、生活にゆとりをもたせるお金という意味です。

この保険は、大きな特徴のひとつである五年間毎年お金を受け取ることができる時期に、レジャー費用や子供の教育費など、比較的出費が重む時期を見計らって契約するとよいと思います。

この保険は被保険者が保険料払込中に死亡した場合は、その時点で保険料の払込みは終了しますさらに契約時に設定した保険料払込期間内、たとえばこの場合なら二五歳で加入した女性が万が一五年目に死亡するとI〇年間に渡り年金として五〇万円が遺族に支払われます。それ以後の五年間は所定の年金額の二倍の一〇〇万円が支払われます。

もちろん他社にもよく似た商品はあります。しかし、ほとんどの場合は三・五年ごとに生存給付金が支払われるタイプです。もうひとつつけ加えれば、ガン保険もプラスされているという充実した医療保障内容です。

ガン以外で入院した場合には五〇〇〇円入院給付金として支払われます。ガン入院の場合なら倍額の一万円を給付金として受け取ることができますので、医療保険とガン保険にそれぞれ加入するよりも保険料が節約できるということです。まさに、外資系ならではの保証内容です。

いずれにしても、女性には次の三つのポイントで保険商品を選んでいただきたいと思います。

①医療保障が充実しているかどうか。
②死亡保障が自分にとって適当かどうか。
③自分の要求を満たすにはどの保険に入るのがいいのか

無配当保険会社の保険商品か一番安い

ここでは、とにかく安い保険料で大きな保障が欲しい人のための保険商品を紹介しましょう。保険料が安いということは、掛け捨てタイプになり、保険期間も限定されます。

このようなタイプの保険で、さらに少しでも安い保険料で加入したいとなると、無配当保険会社の保険商品になります。無配当保険会社のすべての保険商品のうち、定期保険に疾病・災害入院特約を付加した商品に、もっとも安い月払い保険料で加入できるのはセソン生命です。

では、この商品の特徴を簡単に見てみましょこの保険は、二四歳の男性の場合一〇年満期の無配当の掛け捨て保険です。つまり10年間毎月保険料を払い込みますが、その間に被保険者にもしものことがなかったときは、保険金はもちろん保険料も一切払い戻しされません。

そのかわり前にも述べましたが、一ヵ月の保険料支払額が四一二六円という安さで、万が一の場合、充分な保障をしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*